保育園の開業では海外のノウハウも参考にしよう

店舗

選ぶ時にも基準がある

心斎橋にある貸店舗を探す際には、従業員の人数を考えておくと良いですし、窓の位置も気にしておきたいです。賃料に関してですが、単純に金額だけを比較するのではなく、何が含まれているのかを確認して、オーナーさんに直接交渉してみるのも良い方法です。

男性

リサーチする事が重要です

整骨院を開業する際には良い物件を探すこともポイントですが、周辺にあるお店や土地の情報、どのような方が多く暮らしているかの情報収集をすることも重要です。場所によって利用する方も変わってくるのでしっかりリサーチしましょう。

中年男性

継続が難しい時は

会社を経営した際に、継続することが困難になった時や事業を継いでくれる方が居ないなどの問題が出てきたら、会社売却を検討しましょう。仲介機関を利用することで安心して事業の継続を任せることができます。

海外の知識を取り組む

子供と先生

日本は少子高齢化社会を迎えていますが、インドネシアは人口の増加傾向にあり、また年長者を敬う習慣もあることから日本人の価値観とも合いやすい国です。その為、日本の保育園の開業としてもインドネシアは手本になり、多くの方が仕組みや体勢の参考をしています。インドネシアではは、日本とは違い保育園を開業する場合でも日本では考えつかない仕組みや体勢をとっています。そして、現地の保育園を利用する方も日本人と同じように保育園の質を求めています。そのため、インドネシアは海外の中でも保育に関して厳しい面もあり、日本では導入できない仕組みを取り入れている場合があるのです。しかし、保育に関して厳しい分それらによって確保された保育のノウハウは高水準なものといえます。

日本で保育園の開業を考えているのであれば、先程のように海外を参考にして仕組みや体勢を整えることが重要です。しかし、日本には日本の法律やニーズといったものがあるためその点を抑えておかなければなりません。さらに、預ける側の立場もしっかりと考慮しておく必要があります。最近ではモンスターペアレンツと呼ばれる一種のクレーマーのような親もいますが、それらの原因としても子供を預ける際に不安があるためなのです。こうした不安を少しでも失くすように取り組みや体勢を整えておくと不安もなくなり、モンスターペアレンツも減るでしょう。また、徹底的に保護者と子供側の為に取り組むことで評判を集めることもでき、いくつかの保育園を開業することも可能になるはずです。